津市建設工事等競争入札参加資格審査要綱

平成23年4月1日改正

(目的)

第1条 この要綱は、本市が所掌する工事又は製造の請負等(以下「建設工事等」という。)に係る一般競争入札又は指名競争入札(以下「競争入札」という。)を行うに当たり、その参加する者(以下「建設業者等」という。)に必要な資格を審査し、及び競争入札に参加させる建設業者等を公正に選定することに関し必要な事項を定め、もって契約の適正な履行を図ることを目的とする。

(資格審査等)

第2条 建設業者等の資格の審査は、次項及び第3項の規定によりこれを行うもののほか、次条の規定による適格審査によりこれを行う。
2 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号。以下「令」という。)第167条の4及び第167条の11に該当する者は、これを競争入札に参加させることができない。
3 前項に定めるもののほか、経営状況が著しく不健全であると認められる者を競争入札に参加させないことができる。

<参照> 地方自治法施行令

(一般競争入札の参加者の資格)
第167条の4 普通地方公共団体は、特別の理由がある場合を除くほか、一般競争入札に当該入札に係る契約を締結する能力を有しない者及び破産者で復権を得ない者を参加させることができない。
2 普通地方公共団体は、一般競争入札に参加しようとする者が次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、その者について3年以内の期間を定めて一般競争入札に参加させないことができる。その者を代理人、支配人その他の使用人又は入札代理人として使用する者についても、また同様とする。
1.契約の履行に当たり、故意に工事若しくは製造を粗雑にし、又は物件の品質若しくは数量に関して不正の行為をしたとき。
2.競争入札又はせり売りにおいて、その公正な執行を妨げたとき又は公正な価格の成立を害し、若しくは不正の利益を得るために連合したとき。
3.落札者が契約を締結すること又は契約者が契約を履行することを妨げたとき。
4.地方自治法第234条の2第1項の規定による監督又は検査の実施に当たり職員の職務の執行を妨げたとき。
5.正当な理由がなくて契約を履行しなかつたとき。
6.この項(この号を除く。)の規定により一般競争入札に参加できないこととされている者を契約の締結又は契約の履行に当たり代理人、支配人その他の使用人として使用したとき。

第167条の5 普通地方公共団体の長は、前条に定めるもののほか、必要があるときは、一般競争入札に参加する者に必要な資格として、あらかじめ、契約の種類及び金額に応じ、工事、製造又は販売等の実績、従業員の数、資本の額その他の経営の規模及び状況を要件とする資格を定めることができる。
2 普通地方公共団体の長は、前項の規定により一般競争入札に参加する者に必要な資格を定めたときは、これを公示しなければならない。

(指名競争入札の参加者の資格)
第167条の11 第167条の4の規定は、指名競争入札の参加者の資格についてこれを準用する。
2 普通地方公共団体の長は、前項に定めるもののほか、指名競争入札に参加する者に必要な資格として、工事又は製造の請負、物件の買入れその他当該普通地方公共団体の長が定める契約について、あらかじめ、契約の種類及び金額に応じ、第167条の5第1項に規定する事項を要件とする資格を定めなければならない。
3 第167条の5第2項の規定は、前項の場合にこれを準用する。


(適格審査)
第3条 適格審査は、入札参加の資格審査に係る申請書(以下「資格審査申請書」という。)を提出したすべての建設業者等について、当該資格審査申請書及びその添付書類を基に競争入札の参加者としての適格性を審査するものとする。

(適格審査の方法)
第4条 前条の規定による適格審査については、次の各号に掲げる業種の区分に応じ、当該各号に定める方法によりこれを行うものとする。
(1) 土木一式、建築一式、ほ装又は管 建設業法(昭和24年法律第100号。下「法」という。)第27条の29第1項に規定する総合評定値通知書に基づく総合評定値(以下「客観点数」という。)及び各建設業者等の技術力、施工能力等を評点化した数値(以下「主観点数という。)との合計点数により採点する。
(2) 前号に掲げる業種以外の業種 客観点数により採点する。ただし、法第27条の23第1項に規定する経営事項審査に係る申請のない者については、能力審査(同項に規定する経営事項審査に準じた施工能力、施工実績及び経営内容状況に係る審査をいう。)により採点する。
2 前項第1号の主観点数は、次に掲げる数値の合計点数とする。
(1) 前年度の工事(前年の4月1日からその翌年の3月31日までに完成し、検査の完了した工事をいう。以下同じ。)について、工事成績を評点化した数値
(2) 前年度の工事について、施工体制の点検結果を評点化した数値
(3) 前年度における指名停止に係る期間を評点化した数値

(有効期間)
第5条 津市競争入札参加資格者名簿の有効期間は、6月1日から翌年の5月31日までとする。

 

(続く)